ボーダーコリーのマリアちゃん(4ヶ月)の命を救って下さい!


by maria-kikin

今日のマリアちゃん

2月15日セカンドオピニオン。
マリアを病院に連れて行きました。


e0170378_104925.jpg


予想より状況は深刻のようです。
病名はやはりPDAで詳しい検査も不要なくらい症状が出て
いました。

PDAという病気は主に小型犬に多くみられ手術も時期が早ければ
そんなに難しくもなく生存率も高いそうです。
しかし中型犬、大型犬でも数は少ないがPDAの症例は見られるようです。
中型犬、大型犬のPDA手術は小型犬に比べ難易度が高く生存率もかなり
落ちるそうです。


・手術の方法
手術の方法は2種類で血管を縛る手術とカテーテルを使う手術がある。

マリアの心臓の血管の肥大状況によりカテーテル手術は
できない可能性あり。プラス肥大状況により生存率がかなり
変動する可能性がある。

基金のメンバーと緊急会議をし、血管を縛る手術を選びました。

どちらを選んでもリスクがあることに変わりありません。

マリア頑張れ!
君にはたくさんの応援団がついている!

コメントを下さったみなさん、さっそく入金して下さったみなさん、
本当にありがとうございます!
預かり主 A


★支援して下さる皆さまへ★
☆1口1000円でご支援をお願いします。(何口でもOKです)
☆振り込み前にメールにてご連絡を下さい。
  mariakikin@gmail.com

その際に、以下の項目をお知らせ下さい。
①お名前(HNも)
②郵便番号
③ご住所

ありがとうございました!
振り込みは終了致しました!


入金状況の詳細は、こちらでも紹介していきます。

なお、目標額に達した時点で支援金の募集は終了しますが、マリアちゃんが無事に新しい飼い主さんを見つけ、幸せになるまでをこちらでご報告させて頂きます。

また、皆さまからの支援金が目標額を超えたり、治療費に残金がある場合は、愛護団体への寄付や、同じように病気で苦しんでいる犬猫への基金に使わせて頂くことをご了承下さい。

ぜひ、マリアちゃんの飼い主さんになりたいと思う方のご連絡もお待ちしております!

マリア基金事務局(2009年2月14日設立)
mariakikin@gmail.com
[PR]
by maria-kikin | 2009-02-16 01:08